【明治安田生命J1リーグ第25節】
2022年8月14日(土)
18:00キックオフ
鹿島アントラーズ(5位/40pt) vs アビスパ福岡(12位/27pt)
[県立カシマサッカースタジアム]

◆リスタート【鹿島アントラーズ】

ここ数シーズンでは最も良い形でシーズンを過ごしていた鹿島だが、レネ・ヴァイラー監督が電撃的に退任。「マネジメントの問題」という予てからネックになっていた問題を理由に契約解除となった。

成績ではなく、チームマネジメントの問題が重視されたが、下降線を辿っているチームを見ればその理由も仕方ないのだろう。クラブとして初めて連れてきたヨーロッパ人の監督。そのやり方に関しては、今まで鹿島が積み上げてきたものを壊す必要もあったはずだが、そのリスクが仇となったとも言える。全権を握ってこれまでやってきた監督が、簡単にクラブの意向に沿うなどプライドが許さなかったはずだ。

その中でバトンと引き継いだのは岩政大樹監督。コーチとしてチームを見てきただけでなく、キャンプからシーズン序盤を指揮し、チームの方向性を作っていたことは知っての通り。良い方向に再び導いてくれる可能性は高い。

ただ、ピッチ上のことは選手たちにしか解決できない。岩政監督も方向性を示し、選手たちが立ち帰る場所を作ることはできるが、試合中に戦況を見極めてプレーを選択するのは選手たち。改めて、今回の事態を引き起こしたことを胸に、“常勝軍団”の復活に邁進するため、しっかりとホームのサポーターの前で勝利を収めて、一歩を踏み出したい。

★予想スタメン[4-4-1-1]
GK:クォン・スンテ
DF:常本佳吾、関川郁万、キム・ミンテ、安西幸輝
MF:仲間隼斗、樋口雄太、ディエゴ・ピトゥカ、アルトゥール・カイキ
FW:土居聖真、鈴木優磨
監督:岩政大樹
出場停止:三竿健斗

◆コロナの影響は【アビスパ福岡】

前節はチーム内で新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性者が多数出たことでG大阪戦が中止に。苦しい中で準備を進めてきたはずだ。

その中で行われたYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦のヴィッセル神戸戦は、ベンチに3人という状況で臨み1-0で勝利。クラブ史上初となるベスト4に駒を進めた。

まだまだ選手の回復具合は不透明。起用できる選手が増えなければ、ルヴァンカップと同じメンバーで臨むしかない。難しい状況の中で、意気込み新たにしたチームと対峙することは容易ではないはずだ。

コンディションを整えることしかできていない中で、どのようなパフォーマンスを見せるか。課題だった前線もジョン・マリがいきなり結果を残すなどし、光が見えているだけに、意地を見せたい。

★予想スタメン[3-4-2-1]
GK:村上昌謙
DF:柳貴博、ドウグラス・グローリ、宮大樹
MF:ジョルディ・クルークス、城後寿、平塚悠知、輪湖直樹
FW:フアンマ・デルガド、ルキアン
FW:ジョン・マリ
監督:長谷部茂利