ラツィオのポルトガル人GKルイス・マクシミアーノがイタリアの地でいきなりのレッドカード提示を受けた。

今夏グラナダから5年契約の完全移籍で加入したマクシミアーノは、14日に行われたホームでの開幕節ボローニャ戦で早速セリエAデビューを果たした。

立ち上がりにはFWマルコ・アルナウトビッチへのスルーパスをケアしようと、果敢な飛び出しからキャッチ。だが、VARによるチェックの結果、手を使った位置がボックス外であったことが確認され、マクシミアーノは一発退場となった。

イタリア『スカイ・スポーツ』によれば、セリエAにおけるデビューからの最速退場記録は、2017-18シーズンでサッスオーロのフランチェスコ・カッサータ(現:ジェノア)が記録した158秒とのこと。マクシミアーノの記録はこれに次ぐ2番目の速さだと伝えている。

今シーズンはユニフォームサプライヤーに日本のスポーツメーカー「ミズノ」を迎えたラツィオ。早々に数的不利を被ったうえに先制を許すも、ボローニャも前半終了間際に退場者を出したことで互いに10人となり、後半に2点を奪っての逆転勝ちで開幕戦勝利を収めている。