【明治安田生命J1リーグ第27節】
2022年8月27日(土)
19:00キックオフ
川崎フロンターレ(4位/43pt) vs 鹿島アントラーズ(3位/44pt)
[等々力陸上競技場]

◆勝って縮めたい首位との差【川崎フロンターレ】

前節はアウェイでのアビスパ福岡戦で1-4と快勝。マルシーニョが加入後初となるハットトリックを達成するなど、チームとして明るい材料が揃った。

チームは現在4位。とはいえ首位の横浜F・マリノスや2位のサンフレッチェ広島、3位の鹿島とは試合数が異なり、見た目以上に差はない。ただ、試合数が並んでも横浜FMを超えることはできず、まだまだ勝ち続けなければいけない状況は変わらない。

チームとしてはコロナ禍に見舞われた苦境を切り抜けつつある一方で、今季全ての試合でゴールを守っていたGKチョン・ソンリョンが家族の不幸で不在に。そのため、今季初出場となるGK丹野研太の働きは重要さを増す。

それでも、チームとして向かう先は誰もが一緒。3連覇に向けて想いは1つ。勝つ以外無い。上位対決となるこの戦いで敗れれば、離されるだけに、絶対に勝たなければいけない一戦だ。

★予想スタメン[4-3-3]
GK:丹野研太
DF:山根視来、ジェジエウ、谷口彰悟、橘田健人
MF:脇坂泰斗、ジョアン・シミッチ、遠野大弥
FW:家長昭博、小林悠、マルシーニョ
監督:鬼木達

◆立ち止まるわけにはいかない【鹿島アントラーズ】

前節はアウェイでの湘南ベルマーレ戦で1-1のドロー。岩政大樹体制での連勝とはならなかった。

試合もエヴェラウドのゴールで先制したところまでは良かったが、その先が続かなかった。その点は今節に向けた大きな改善点と言える。試合運びの点でも理想からは遠かったはずだ。

そして今節の相手は鹿島の前に立ちはだかり続ける川崎F。なんと、13戦未勝利、4分け9敗と苦しまされ続けている相手だ。

復権を目指すようになったきっかけとも言える川崎Fの台頭。低迷してきたこの期間で覇権を取り続けている相手だけに、勝たなければいけない相手。真の意味で本来の姿を取り戻すには、越えなければいけない大きな壁と言えるだろう。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:クォン・スンテ
DF:安西幸輝、関川郁万、三竿健斗、広瀬陸斗
MF:ディエゴ・ピトゥカ
MF:樋口雄太、仲間隼斗、和泉竜司
FW:鈴木優磨、エヴェラウド
監督:岩政大樹