レスター・シティのU-21フランス代表DFヴェスレイ・フォファナ(21)のチェルシー移籍は時間の問題となっているようだ。

センターバック補強の最優先ターゲットとして長らくチェルシーが追っていたフォファナ。レスターは放出を固辞し、再三にわたるオファーを拒絶してきたが、チェルシーの4度目のオファーでついに折れたようだ。

複数のイギリスメディアが伝えるところによると、チェルシーは7000万ポンドの基本金に最大500万ポンドのアドオンを含めた条件でレスターと合意。個人間では2028年までの6年契約を結ぶと見られている。

そんな中、レスターでプロデビューし、在籍7年間で通算およそ200試合に出場したギャリー・リネカー氏がツイッターで「フォファナを失うのは残念だが、上手くいくことを願っている。チェルシーファンの皆さん、あなた方は世界で最も才能豊かな若いタレントを手に入れた。私が太鼓判を押すよ」とコメント。21歳のチェルシー行きに拍車をかけた。

すると当の本人であるフォファナがリネカー氏のツイートを感謝と別れを連想させる泣き顔と合掌の絵文字で引用リツイート。公式発表前だが、これが決定打となった。

27日にはプレミアリーグでそのチェルシーとレスターが対戦したが、フォファナの姿はなし。移籍発表を待つばかりとなっている。