マンチェスター・ユナイテッドが本気を出し始めている。

ユナイテッドが今夏の移籍市場で最後に獲得を目指しているアヤックスのブラジル代表FWアントニー(22)。しかし、これまで2度にわたってアヤックスにオファーを拒否されている。

今季から指揮を執るエリク・テン・ハグ監督もよく知る選手であり、チームの攻撃面を大きく強化するであろうアントニーだが、残り少ない時間でクラブは本気を出したようだ。

今夏は移籍市場でも満足に立ち振る舞えず、補強が全然進んでいないユナイテッド。イギリス『スカイ・スポーツ』によれば、なんとアントニーに対して、アヤックスが求める1億ユーロ(約137億円)のオファーを出し他という。

アントニー自身もユナイテッド移籍を望んでいるということもあり、個人の条件面は問題なし。あとはクラブ間が合意に至るだけだが、巨額オファーを出すことにしたという。

ただ、アヤックスもアントニーを放出する場合は代役を確保するために動く必要があり、そちらの動き次第という見方もある。後釜を確保できない場合は、首を縦に振ることはなさそうだ。

ユナイテッドはアントニー意外にも、バルセロナの元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンやPSVのオランダ代表FWコーディ・ガクポなども注視しているようだ。

先日は電撃的にレアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロとの契約をまとめたユナイテッド。夏休みの宿題は最後にまとめてやるタイプなのかもしれない。