ミランが、シャルケのU-21ドイツ代表DFマリック・チャウ(21)の獲得を決定的なものとしたようだ。

ナイジェリア人の父とフィンランド人の母を持つチャウは、レバークーゼンやボルシアMG、シャルケの下部組織を渡り歩いたセンターバック。シャルケのユースには2015年7月に加入し、2020年3月に行われたブンデスリーガ1部のホッフェンハイム戦でプロデビューを果たした。

その翌シーズンから本格的にトップチーム入りすると、昨季はブンデス2部で31試合に出場しリーグ優勝と昇格に貢献。今季もここまで日本代表DF吉田麻也とコンビを組んでブンデス1部の3試合に出場していた。

27日のウニオン・ベルリン戦でもフル出場したばかりのチャウだが、イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によると、すでにミラノ市内のホテルに滞在しており、29日にもメディカルチェックを受診するとのこと。ミランはシャルケに移籍金600万ユーロ(約8億2000万円)を支払い、完全移籍での獲得となるようだ。

今夏は最終ラインの選手層拡充に力を注いできたミラン。移籍市場閉幕が迫るなか、ついにセンターバックの獲得を決定的なものとしたようだ。