なでしこジャパンの選手たちには、新ユニフォームがどう写ったのだろうか。

29日、アディダス ジャパンはカタール・ワールドカップ(W杯)で日本代表が着用する新ユニフォームを発表した。

「ORIGAMI」をテーマにデザインされた今回のユニフォーム。漫画『GIANT KILLING』、『ブルーロック』と連動したキービジュアル展開や、サッカーゲーム『eFootball』と連動した取り組みを実施するなど、画期的な内容となっている。

ホームは伝統の青である一方で、アウェイは白と黒が貴重となり、パンツが黒に。肩口に青と赤で「ORIGAMI」がデザインされている。

JFA TVは公式YouTubeチャンネルで、選手たちの反応を公開。日本代表選手の反応以外にも、なでしこジャパンの選手たちの素直な反応も公開している。

最初に登場したのは三浦成美(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)だったが「星?」とデザインについてコメント。確かに、「ORIGAMI」が重なる幾何学模様が星に見えなくもない。男子からは出なかった新たな視点と言える。

また南萌華(ローマ)は、デザインコンセプトの説明を受け「そこまで聞くと、着るのもまた気持ちとか変わりますね」とコンセプトを意識すると気持ちも変わるようだ。

猶本光(三菱重工浦和レッズレディース)と熊谷紗希(バイエルン)は男子との違いについて説明を受け、外見は一緒であること、襟裏の色が違うことについて説明を受けて感心していた。

植木理子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)は「ホームは好きなんですけど、結構アウェイユニフォームが好きで、白が好きです」とコメント。どちらもお気に入りのようだ。

また守護神である山下杏也加(INAC神戸レオネッサ)はフィールドプレーヤーのユニフォームの日本国旗の位置に注目。GKユニフォームが素材やストレッチ性を考えて別の作りになっていることを知り、「ありがたいです」とプレーを考えられて作られていることを喜んでいた。

モデルも務めた長谷川唯(ウェストハム)は「ユニフォームが変わるタイミングで代表でいられたことは嬉しいです」とコメント。「このユニフォームで結果を残したい」と意気込みを語った。

なお、女子のユニフォームには、2011年のワールドカップを制しているため、JFAのエンブレムの上に星が1つついている。