清水エスパルスの元日本代表MF乾貴士が加入ゴールの喜びを綴った。

乾は27日に行われた明治安田生命J1リーグ第27節、京都サンガF.C.戦に[4-4-2]の左サイドハーフで先発出場。68分には待望の加入後初ゴールをマークすると、これが決勝点となり、チームにおおきな勝ち点「3」をもたらした。

試合後の28日には自身のインスタグラムを更新。歓喜の声を綴っている。

「移籍後初ゴール決めれました。最高のスタジアムでゴールできたのがほんまに嬉しかった!!」

「皆んながこれだけ喜んでくれた事がほんまに嬉しかった!!また皆んなで喜べるように頑張ります」

乾をはじめ、FW北川航也やMFヤゴ・ピカチュウといった夏の新戦力が加入後は3勝2分けと、負けなしの清水。順位も最下位から11位まで急浮上した。

6月9日にセレッソ大阪との契約を解除した乾は、ファジアーノ岡山へのトレーニング参加を経て7月22日に清水へ加入。初陣のサガン鳥栖戦は途中出場ながら、以降は4試合連続でスタメン出場。 ゼ・リカルド監督からの信頼に応える活躍を見せている。