フランクフルトのレジェンド的存在になっているMF長谷部誠だが、今シーズンに向けての想いを口にした。

2008年1月、浦和レッズからヴォルフスブルクへと完全移籍した長谷部。そこからドイツでのプレーが続き、2013年9月にニュルンベルクへ完全移籍、2014年7月にフランクフルトへと完全移籍と、今シーズンが15年目のシーズンとなる。

数年前の時点で、ブンデスリーガで最も長くプレーしている選手であり、フランクフルトでも9シーズン目を迎える。

昨シーズンにはクラブとの契約を5年延長。これにはコーチングキャリアも含まれているとされ、昨季限りでの引退も憶測が飛び交った中、今シーズンも選手として登録。途中出場のみだが、ブンデスリーガで2試合、DFBポカールで1試合プレーしている。

昨シーズンはヨーロッパリーグ(EL)を見事に制覇したフランクフルトだが、今シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)に舞台を変えてヨーロッパに挑戦。長谷部はヴォルフスブルク時代に1度CLの経験があるが、フランクフルトでは初のチャレンジとなった。

その長谷部は、ドイツ『ZDF』の「Sportreportage」でCLへの想いを口にした。

「ここ3、4年、僕はこう言ってきた。夢はフランクフルトで、再びチャンピオンズリーグでプレーすること。ピッチに立ったら、僕は泣いてしまうかもしれないね」

キャリアも終盤に差し掛かった中で、夢に見たCLの舞台にフランクフルトの選手として立つチャンスが来た長谷部。「そんな先のことまで考えたくない」と、今シーズン限りでの引退の話も出る中、今に集中したいようだ。

長谷部は現在38歳。シーズン中には39歳の誕生日を迎える。ケガとの戦いもあった中、長谷部がここまで現役を続けられる理由は、ニコ・コバチ元監督のコンバートだった。

「こだわりです。34歳、35歳という年齢で、自分にとってのベストなポジションを見つけたのかもしれない」

長谷部の代名詞でもある“リベロ“と呼ばれるポジション。3バックの中央で、後方からコントロールし、カバーリングなど試合を読んでプレーを行うことは、身体的な欠点を補いながらも貢献するという点ではハマったと言えるようだ。

長谷部のプレーには、クラブのレジェンドでもあるカール=ハインツ・ケルベル氏も称賛している。

「代役になっても、すぐにチームに入ることができる。声が大きいということではないが、選手たちは自分を見守ってくれていると新ラインしている。それが素晴らしい才能だ」

長谷部にとって13年ぶりとなるCLの舞台。プレースタイルも経験も当時とは異なる中、どんなパフォーマンスを見せるのか。日本代表の後輩でもあるMF守田英正が所属するスポルティングCPとの一戦で、長谷部のCLが幕を開ける。