パリ・サンジェルマン(PSG)は31日、ナポリからスペイン代表MFファビアン・ルイス(26)の獲得を発表した。

契約は2027年6月30日までの5年間。移籍市場に精通するイタリア人のファブリツィオ・ロマーノ記者によると、この取引は移籍金2150万ユーロ(約29億8000万円)+連帯保証金で成立したという。

2018年夏のナポリ入りから組み立て役として通算166試合で22得点15アシストを記録するレフティだが、今季が契約を巡って交渉が難航。ナポリは無銭移籍を避けるなら、今夏売却が必至だった。

そこで今夏の早くから熱心な動きが噂されたのがPSG。中盤だけでMFヴィティーニャとMFレナト・サンチェスを獲得済みだが、通算15キャップのスペイン代表MFの加入でさらなる増強に成功した。

PSGにとって今夏5人目の新戦力となるファビアン・ルイスは「PSGに移籍できてすごく嬉しいよ」と喜びの心境を口にしている。

「この国で自分のキャリアの新たなステージをスタートできるのは素晴らしいね。そして、ヨーロッパで最高のクラブで世界最高の選手たちと一緒にプレーできるのを誇りに思う。本当にエキサイティングな挑戦だ」