U-20日本女子代表(ヤングなでしこ)のキャプテン、DF長江伊吹(AC長野パルセイロ・レディース)が1日、U-20女子ワールドカップ(W杯)を終えての帰国報告会見に出席した。

U-20日本女子代表は現地時間8月10日から28日にかけてコスタリカで行われたU-20女子W杯に参加し、準優勝という成績を収めた。

グループステージでは、オランダ、ガーナ、アメリカを破り、3連勝で決勝トーナメント進出。ノックアウトステージではフランス、ブラジルを下し、2大会連続の決勝まで上り詰めたが、ファイナルではスペインに敗れ、惜しくも大会史上初の連覇とはならなかった。

日本はこの大会で3大会連続5度目のフェアプレー賞を受賞。個人ではFW浜野まいか(INAC神戸レオネッサ)が、MVPにあたるゴールデンボール賞を獲得した。日本選手としては2016年大会の杉田妃和に次いで2人目の受賞となった。

キャプテンの長江は、DF竹重杏歌理選手(INAC神戸レオネッサ)がコンディション不良のために不参加となるアクシデントの中でもチームをまとめ上げ、大会では6試合中5試合で先発出場。ディフェンスラインを統率した。

「まずは本日このような報告会を開いていただき、ありがとうございます。私たちは約1年半前に立ち上がって、コロナウイルスの影響で全員で集まることもできなかったり、国内、海外合宿が中止になってしまって海外チームとの試合経験がなかった中での今大会でしたので正直不安な気持ちもありました」

「ですが、チーム立ち上げの際に全員で立てた世界一になるという目標に向かって、一戦一戦戦えたと思うし、日本らしさであるひたむきに最後まで走り切る姿や最後まであきらめない姿を、日本中だけでなく、世界にも見せることができたのではないかと思っています」

「世界一という目標を達成することはできなかったんですけど、多くの方に愛されるチームの一員で戦えたことをとても誇りに思うし、本当に1カ月間楽しかったです。これからもこの経験を決して無駄にしないように1つずつ頑張っていきます。本当に応援ありがとうございました」

大会の中でも課題と成長を実感したようで、勢いに乗った際の海外勢には圧力を感ながらも、失点後の対応や立て直しなど、学んだことは多かったとのこと。また、日本らしい、コンビネーションを使った攻撃やポゼッション能力には手ごたえを感じており、今後も自信を持って続けていきたいと語った。

今後はなでしこジャパン入りも期待されるが、長江は「まだまだ」と謙遜。経験を糧に課題を克服し、まずは所属チームでの結果を残していきたいと述べた。

「いろいろな大陸の国と対戦することができて本当にいい経験ができたなと思う反面、自分に足りないものが明確になった大会でもあったし、まだまだだなと痛感させられた大会でもあった。1つ1つの課題を克服していかなければと思いますし、上に行くにはまだまだだなとも思っています。なでしこジャパンはもちろん目指す場所ではありますけど、まずは自チームに帰ってからの結果を大事にしていきたいと思っています」

長江は今シーズン、INACから長野へ加入した。長野は昨季の守備の要、DF五嶋京香が大宮アルディージャVENTUSへと移籍しており、長江には即戦力としての大きな期待が寄せられている。