レスター・シティのベルギー代表MFユーリ・ティーレマンス(25)に、ニューカッスルが関心を示しているようだ。

残り1年となっているレスターとの契約の延長を拒否し、ビッグクラブ移籍を望むティーレマンス。今夏にはアーセナルがトップターゲットに据えていると報じられた他、マンチェスター・ユナイテッドへの移籍も取り沙汰されていたが、移籍市場閉幕が迫る現時点で具体的なオファーはレスターに届いていない。

現在は中盤に負傷者続出のリバプールからの関心も噂されているが、イギリス『デイリー・メール』によると、ニューカッスルが獲得レースに参戦する意思を見せている模様だ。

2021年10月にサウジアラビアの政府系ファンドに買収されたニューカッスルは、今夏の移籍市場ではリールからオランダ代表DFスヴェン・ボトマン、バーンリーからイングランド代表GKニック・ポープを獲得。26日にはクラブ史上最高額となる6300万ポンド(約101億7000万円)の移籍金でスウェーデン代表FWアレクサンダー・イサクの獲得を発表した。

エディ・ハウ監督は最後の仕上げとして中盤の強化を望んでいるが、すでにGKカスパー・シュマイケル、DFヴェスレイ・フォファナを放出しているレスターとしてはこれ以上の主力流出は避けたいところ。ティーレマンスに関しては適正価格のオファー以外受け付けない姿勢とのことだが、最後の最後まで目が離せない状況となっている。