今夏の移籍市場でも驚きの遺跡と言えるだろうか。レアル・マドリーを昨季限りで退団した元ブラジル代表DFマルセロ(34)が、レスター・シティへ加入する可能性があるようだ。

2007年1月、フルミネンセからマドリーへと完全移籍で加入したマルセロ。タイプは違うものの、大先輩であるロベルト・カルロス氏を彷彿とさせる攻撃的なサイドバックとしてチームを支えた。

今夏退団するまで15年半在籍し、公式戦546試合に出場し38ゴール103アシストを記録。6度のラ・リーガ制覇、5度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇など、数多くのタイトル獲得に貢献しながらも、惜しまれながら退団した。

マルセロには、現役引退の報道も出た一方で、リーグ・アンのニースが関心を寄せるなど、数多くのクラブが興味を示していた中、レスターが獲得に興味を示していると報じられている。

スペインのジャーナリスト、マルティ・ミラス氏によると、メディカルチェックの合格が必要とされる中、マルセロがレスター加入に接近しているとのこと。2023年6月までの1年契約を結ぶものとされている。