ボーンマスは1日、サウサンプトンからイングランド人DFジャック・スティーブンス(28)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「3」に決定している。

プリマス・アーガイルでキャリアをスタートしたスティーブンスは、2011年にサウサンプトンに加入。スウィンドンやミドルズブラなどへの武者修行を経て、2016–17シーズン以降はセンターバックの準主力に定着。日本代表DF吉田麻也(現シャルケ)ともコンビを組んでいた。

クラブ通算151試合に出場しているスティーブンスだが、直近2シーズンはチーム内での序列が下がっており、昨季はケガの影響などもあり、リーグ戦の出場は11試合にとどまった。今季は味方の負傷によって開幕戦の後半からプレーしたが、以降は試合終了間際の時間稼ぎのための交代のみに終わっていた。

一方、ボーンマスは開幕から大量失点が続いており、センターバックのテコ入れが急務となっていた。