ベンフィカは1日、パリ・サンジェルマン(PSG)からドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(28)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

2017年1月にPSGに加入し、ここまで公式戦198試合26ゴール41アシストの数字を残してきたドラクスラー。加入当初は主力としてプレーしていたものの、ここ数シーズンは前線にワールドクラスの猛者が揃い、出番が限られている状況。

昨夏に2024年まで契約を延長したものの、PSGは今夏のスカッド刷新を図る中で同選手を放出候補にリストアップ。さらに、選手自身も移籍を希望していることから、移籍が既定路線と見られていた。

これまでは複数のブンデスリーガのクラブやニューカッスル、セビージャなどからの関心も伝えられたが、最終的に具体的なオファーは届かず。しかし、移籍市場最終盤を迎えた段階でようやく新天地が決定した。

ベンフィカではドイツ代表の同僚であるMFユリアン・ヴァイグルが奇しくも同じ日にボルシアMGに移籍したが、同胞ロジャー・シュミット監督が今季からチームを率いており、新天地への適応はスムーズに行くはずだ。

なお、現時点でPSGとベンフィカの間での契約は不明だが、出場可能な場合は、今シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)のグループステージでいきなり保有元と対戦する可能性もある。