バルセロナは1日、スペイン代表DFエクトル・ベジェリン(27)の加入を発表した。同選手は加入前にアーセナルとの契約を解消しており、フリートランスファーでの加入となる。

契約期間は今シーズン終了までとなり、契約解除金は5000万ユーロ(約69億7000万円)に設定されている。

バルセロナのカンテラ育ちのベジェリンは、2011年7月にアーセナルのアカデミーに入団。ファーストチーム昇格前にワトフォードへのレンタル移籍を経験し、2014年7月にファーストチームへ昇格した。

攻撃的な右サイドバックとしてスピードを生かしてレギュラーに。アーセナルでは公式戦239試合に出場し9ゴール29アシストを記録。現在所属する選手では、最も古株という状況だった。

しかし、近年は徐々に序列が低下。昨シーズンはレアル・ベティスへとレンタル移籍し、公式戦32試合で5アシストを記録。コパ・デル・レイ制覇にも貢献していたなか、ベティスが買い取れずにアーセナルへと帰還していた。

プレーズン中は起用され、キャプテンマークを巻くなどしていたベジェリンだが、シーズンが始まると居場所はなし。右サイドバックの今シーズンの序列は、イングランド代表DFベン・ホワイト、日本代表DF冨安健洋、ポルトガル代表DFセドリック・ソアレスの次という状況になっていた。

本人もクラブに居場所がないことを理解している中、アメリカ代表DFセルジーニョ・デストをミランに放出し、右サイドバックの補強が必要となった古巣バルセロナに、大幅な減俸を呑む形で2011年以来11年ぶりの帰還を果たすことになった。