チェルシーは1日、バルセロナから元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤン(33)の獲得を発表した。契約は2年間。バルセロナ側によると、移籍金額は1200万ユーロ(約16億7000万円)となる。

今夏にFWロメル・ルカクとFWティモ・ヴェルナーを手放したチェルシー。その穴埋めとしてFWラヒーム・スターリングを獲得済みだが、今夏の移籍マーケットが閉幕に迫るなかで、さらに補強の動きが取り沙汰された。

そこで白羽の矢が立ったのがオーバメヤン。この移籍を巡っては金銭にプラスして、バルセロナが以前から関心を抱くDFマルコス・アロンソの譲渡も含めての取引と報じられ、半年ぶりのイングランド復帰が濃厚だった。

オーバメヤンは今年1月にアーセナルからバルセロナ入りしてラ・リーガ17試合出場で11ゴールと活躍。だが、今季はFWロベルト・レヴァンドフスキの加入で重要度を下げ、リーグ開幕戦の1試合にしか出場していなかった。

チェルシーにとって今夏6人目の新戦力となり、背番号も「9」に決まったオーバメヤンはクラブを通じて喜びの心境を口にしている。

「本当に幸せだ。このチームの一員になれて光栄だし、早く始めたくて仕方がない。プレミアリーグでやり残したことがあるし、戻ってこれて嬉しいよ。本当にエキサイティングだ」