日本代表DF中山雄太にライバルが出現した。

チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するハダースフィールド・タウンは1日、マンチェスター・シティのU-19イングランド代表DFルーク・エムベテ(18)をレンタル移籍で獲得した。

なお、背番号は「3」をつけることになる。

ブレントフォードのアカデミーからシティのユースに加入したエムベテは、順調に下部組織で職悪していった。

ファーストチームには昇格していないものの、すでに3試合出場し1アシスト。2021年9月のEFLカップ(カラバオカップ)3回戦のウィコム戦でデビュー。EFLカップ、FAカップ、チャンピオンズリーグ(CL)で1試合ずつプレーしている。

何度もベンチ入りを果たしており、今シーズンもプレミアリーグ第2節のボーンマス戦、第3節のニューカッスル戦ではベンチ入りしていた。

主戦場はセンターバックで、中山にとっては直接的なライバルに。シティとも2027年夏までの5年契約を結んでおり、U-15、U-16、U-19と世代別のイングランド代表を経験しているなど、将来が期待されている。