レアル・ベティスは2日、ポルトガル代表MFウィリアム・カルバーリョ(30)との契約更新を発表した。新たな契約は2026年までとなる。

スポルティングCP時代から大型の屈強な中盤としてビッグクラブの視線が注がれながら、2018年7月にベティス行きを決断したW・カルバーリョ。初のスペイン挑戦となったが、すぐさま主力の座を射止め、移籍から4年で138試合の公式戦出場数を誇る。

チームが17年ぶりのコパ・デル・レイ優勝を遂げた昨季もその地位変わらず、公式戦49試合出場で4得点5アシストの数字を収めたが、今季が契約最終年。そうした状況も受けて、今夏にいくつかの移籍話が浮上したが、新たに3年間の契約延長に至った。

なお、スペイン『マルカ』によると、この契約延長はサラリーの調整などを受け入れてのものとのことで、ベティスがラ・リーガのサラリーキャップ規約で数選手を登録できずにいる問題を解消に近づけるものになるようだ。

セルティックvsレアルマドリード, フランクフルトvsスポルティングCP, PSG vs ユヴェントスなど見所満載!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら