チェルシーは2日、アルバニア代表FWアルマンド・ブロヤ(20)との新契約を発表した。新契約は2028年6月30日までとなる。

6年の長期契約にサインしたブロヤは、公式サイトで以下のように喜びを語っている。

「本当に考えただけで言葉を失うよ。チェルシーは僕がずっとプレーすることを夢見てきたクラブであり、僕が応援するクラブであり、僕が愛してやまないクラブなんだ。子供の頃からずっとここにいるので、自分にとっても家族にとっても特別な気持ちだよ」

「トップチームで青いシャツを着ることができるなんて、夢が叶ったようなものだ。ここは世界でも有数のビッグクラブだから、ピッチでプレーできることは毎分素晴らしいことなんだ。常に競争があり、誰もがプレーしたいと思っているので、その一員になれることは幸せなことだよ。多くの試合に出場して、チームの成功のために貢献したいね」

アルバニアとイングランドにルーツに持つブロヤはチェルシーのアカデミー出身であり、これまでフィテッセ、サウサンプトンへのレンタル移籍を経験。昨シーズンはサウサンプトンでプレミアリーグ32試合に出場して、6ゴール1アシストを記録。

今夏にはレアル・マドリーやエバートン、ニューカッスル、イタリアの複数クラブから関心が示されたが、ベルギー代表FWロメル・ルカクやドイツ代表FWティモ・ヴェルナーがクラブを離れたことから、選手層を維持を考えるトーマス・トゥヘル監督の要請を受けたクラブは売却を拒んでいた。

セルティックvsレアルマドリード, フランクフルトvsスポルティングCP, PSG vs ユヴェントスなど見所満載!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら