ミッドウィークに行われた前節、ダービーを控えるミラノ勢で明暗が分かれた。ミランは曲者サッスオーロに苦戦した中でゴールレスドロー。一方でインテルはクレモネーゼに3-1で快勝した。その他、ユベントスが開幕節以来の勝利を手にし、ローマが3勝目を挙げている。ナポリとラツィオはそれぞれドローに終わった。迎える第5節、スクデットを争うであろう両雄によるミラノ・ダービーが行われる。

ミランは前節、サッスオーロにドロー。守護神メニャンのPKストップがなければ負けていてもおかしくない内容だった。10番MFブラヒム・ディアスのパフォーマンスが安定しない中、ダービーでは至宝MFデ・ケテラエルが先発復帰予想。大舞台で活躍となるかに注目だ。

一方、インテルはFWルカクを負傷で欠いた中、MFバレッラが躍動。全3ゴールに絡む働きを見せた。主力の流出が噂された移籍市場では軒並み残留となり、戦力を維持。ルカクは引き続き欠場となるが、ほぼ盤石の状態でダービーに挑む。

土曜にはラツィオvsナポリの好カードも組まれている。ラツィオは前節、サンプドリアにドロー。FWインモービレのゴールを守り切れず後半追加タイムに同点弾を浴びてしまった。勝ち点2を失ったが、インテル戦勝利の勢いを持続できるか。

一方、ナポリは昇格組のレッチェに痛いドロー。MFクワラツヘリアをベンチスタートとし、新戦力FWラスパドーリを先発で起用したが、不発に終わった。ラツィオ戦ではクワラツヘリアが先発復帰予想。毎試合インパクトを残すジョージア代表MFの活躍に期待が懸かる。

さらに土曜にはフィオレンティーナvsユベントスの好カードも開催される。ユベントスは前節、スペツィア相手にFWヴラホビッチの2試合連続直接FK弾と、新戦力FWミリク弾で今季2勝目を挙げた。守護神シュチェスニーの負傷は痛手だが、MFディ・マリアが負傷から復帰と、攻撃陣は選択肢豊富な状況。古巣対決となるヴラホビッチが新たな武器としているFKをまたも叩き込むのかに注目だ。

FWディバラの移籍後初ゴール含むドッピエッタで昇格組モンツァに3-0と快勝したローマは、ウディネーゼとのアウェイ戦に臨む。順調にチームにフィットしているディバラが結果を出す中、新たにトリノから加入したFWベロッティの活躍にも期待したい。

◆セリエA第5節
9/3(土)
《22:00》
フィオレンティーナvsユベントス
《25:00》
ミランvsインテル
《27:45》
ラツィオvsナポリ

9/4(日)
《19:30》
クレモネーゼvsサッスオーロ
《22:00》
スペツィアvsボローニャ
《25:00》
ヴェローナvsサンプドリア
《27:45》
ウディネーゼvsローマ

9/5(月)
《25:30》
モンツァvsアタランタ
サレルニターナvsエンポリ
《27:45》
トリノvsレッチェ