セリエA第5節、ミランvsインテルのミラノ・ダービーが3日に行われ、3-2でミランが競り勝った。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。
※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。

ミラン採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
16 メニャン 6.5
2失点も77分のチャルハノールのミドルシュートを止めたプレーは流石だった

DF
2 カラブリア 6.0
無理に上がらず対面のダルミアンを監視

20 カルル 6.0
トモリとのコンビでインテルの反撃を凌いだ

23 トモリ 6.0
ディフェンスリーダーとして序盤の劣勢を凌いだ

19 テオ・エルナンデス 6.0
ダンフリースとの激しいマッチアップで譲らず

MF
30 メシアス 5.5
タメを作るプレーで貢献

(→サーレマーケルス -)

4 ベナセル 6.0
正確なビルドアップで貢献

90 デ・ケテラエル 6.0
同点に追い付いて以降、チームの復調とともにプレーに関与する場面が増えた

(→ブラヒム・ディアス 6.0)
自身に与えられた役割はしっかりとこなした

8 トナーリ 6.5
正にミランの心臓。好インターセプトから同点弾演出でチームに勢いを与える

17 レオン 7.5
2ゴール1アシストの大活躍。昨季覚醒した男がダービーで躍動

FW
9 ジルー 7.0
1ゴール1アシスト。大一番での勝負強さが光る

(→オリジ -)

監督
ピオリ 6.5
どちらに転んでもおかしくない難しい試合を制す

インテル採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 ハンダノビッチ 5.5
防げるシュートは止めていた

DF
37 シュクリニアル 5.5
レオンの突破に手を焼いた

6 デ・フライ 5.0
クイックネスに対応できない場面が散見

95 バストーニ 5.5
もっと攻撃面での貢献が欲しかった

(→ディマルコ 6.0)
左サイドを活性化

MF
2 ダンフリース 5.5
もっと上下動して揺さぶりたかった

20 チャルハノール 6.0
失点には関与してしまったが、動きはキレていた

23 バレッラ 5.5
前節のような躍動感はなかった

(→ムヒタリアン 5.5)
幾つか好機に絡んだ

77 ブロゾビッチ 6.0
先制点を挙げたシーンは戦術眼の高さを示した

36 ダルミアン 5.5
2点目をアシスト。ディマルコ投入からアクセントに

FW
11 ホアキン・コレア 6.0
先制点をアシスト。しかし徐々にプレー関与が減っていった

(→ジェコ 6.5)
彼の投入が終盤の攻勢につながった

10 ラウタロ・マルティネス 6.0
ゴールに迫るシュートを度々放つも相手GKに阻止された

監督
S・インザーギ 6.0
交代選手が機能。追い上げたが及ばず