ニースは4日、元イングランド代表MFロス・バークリー(28)の加入を発表した。背番号は「11」に決定している。なお、契約期間などに関する詳細は現時点で明かされていない。

エバートンの主力として活躍していたバークリーは、2018年1月にチェルシーへ加入。以降は公式戦100試合に出場し、12ゴール11アシストの数字を残してきた。加入後の2018-19、2019-20シーズンはリーグ戦で20試合以上に出場するなど準主力としての役割を与えられたが、以降は構想外に。

2020-21シーズンはアストン・ビラにレンタル移籍し、まずまずの出場機会を得たが、レンタルバックした昨シーズンは公式戦14試合の出場にとどまっていた。

今シーズンはプレシーズンの段階からチームの活動に参加していたが、プレミアリーグの登録において背番号を与えられず、完全に構想外の扱いとなっていた。

そういった中、先月29日にチェルシーとの契約を双方合意の下で解消し、フリーとなっていた。

なお、バークリーの新天地となるニースは、今夏の移籍市場でMFアーロン・ラムジー、GKカスパー・シュマイケル、FWニコラ・ペペらプレミアリーグでプレーした選手を多く獲得している。

セルティックvsレアルマドリード, フランクフルトvsスポルティングCP, PSG vs ユヴェントスなど見所満載!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら