チェルシーは5日、イングランド代表DFリース・ジェームズ(22)との契約延長を発表した。新たな契約期間は2027年6月までの5年間となる。

チェルシーの下部組織で育ったリース・ジェームズ。現在では若くして右サイドで不動の地位を築いており、クラブ通算128試合10得点20アシストを記録。2020-21シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)制覇にも貢献した。

リース・ジェームズのコメントをクラブ公式サイトが伝えている。

「新たな契約ができて本当に嬉しい。ファン、オーナー、クラブに関わるすべての人に感謝しているよ。将来が楽しみだし、多くのトロフィーを掲げるチャンスがあると確信している。僕は6歳の時からこのクラブにいるんだ。ここにとどまる僕には明るい未来が待っている」

なお、イギリス『デイリー・メール』によると、今回の契約延長でリース・ジェームズは週給25万ポンド(約4000万円)を受け取ることとなり、クラブ史上最高給のディフェンダーになるとのことだ。

今季から始動したトッド・ベーリー新体制では、25歳以下のプレーヤーとの長期契約締結を重視しているようで、2日にはアルバニア代表FWアルマンド・ブロヤ(20)との契約を2028年まで延長したと発表。さらに今夏新加入のスペイン代表DFマルク・ククレジャ(24)は6年契約、U-21フランス代表DFヴェスレイ・フォファナ(21)とは7年もの長期契約を結んでいる。

セルティックvsレアルマドリード, フランクフルトvsスポルティングCP, PSG vs ユヴェントスなど見所満載!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら