ユベントスのフランス代表MFポール・ポグバが半月板の手術を受けたようだ。『スカイ』や『ガゼッタ・デロ・スポルト』など多くのイタリアメディアが報じている。

ポグバは今夏、マンチェスター・ユナイテッドから6年ぶりにユベントスに復帰。しかし、プレシーズンで右ヒザ半月板を負傷。完治のための手術と、早期復帰が見込める保存療法の二択のうち、カタール・ワールドカップ出場を目指すフランス代表MFは後者を選んだ。

リハビリスタートから約半月後にはジムやプールでヒザに負荷をかけたトレーニングを行うなど、順調な回復を見せているかと思われたが、今回の報道によれば、保存療法での結果が満足のいくものではなかったため、クラブは手術に踏み切ったようだ。

また、『スカイ』はポグバはすでに右ヒザ半月板の手術を受けており、本日中にもユベントスから詳細な離脱期間などの声明が発表される予定だと伝えている。