パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペがブラジル代表FWネイマールとの不仲説を問われた。フランス『レキップ』が報じている。

近年のPSGにおいて、ネイマールとアルゼンチン代表FWリオネル・メッシと並び、アタッカー陣の顔となるムバッペ。今夏の契約延長でクラブのプロジェクトに対する発言権も手にし、いち選手ながら一線を画す存在になったといわれる。

そうして迎えた今季もリーグ・アン開幕から6試合で24ゴールを上積むチームの攻撃を牽引するムバッペだが、8月13日に行われた第2節のモンペリエ戦ではPKキッカーを巡ってネイマールとひと悶着。確執を表すものとして話題をさらった。

以後も2人の関係性が注目されるなか、渦中のネイマールがお膳立て役となり、ゴールを決めるシーンもあるムバッペは5日に予定するユベントスとのチャンピオンズリーグ(CL)に先立った会見で、その件を巡る質問に本音を打ち明けている。

「僕らはいつだってリスペクトの気持ちがベースにある関係性だけど、温まる瞬間があれば、冷え込む瞬間もある。親友のようなときがあれば、あまり口を聞かないときもあるけど、尊敬の念がある。こういう個性を持つ選手が2人いれば、人生は波があるものさ」

セルティックvsレアルマドリード, フランクフルトvsスポルティングCP, PSG vs ユヴェントスなど見所満載!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら