2022-23シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが9月6日に開幕する。グループEは、一昨季前のCL覇者チェルシーとイタリア王者ミランが同居。彼らに挑むは、それぞれの国内リーグの絶対王者に君臨するオーストリアのザルツブルクとクロアチアのディナモ・ザグレブだ。

◆編集部予想
◎本命:チェルシー
○対抗:ミラン
△連下:ザルツブルク
☆大穴:ディナモ・ザグレブ

◆未完の充実スカッド、完成すれば優勝も視野に〜チェルシー〜
昨季はCLベスト8、プレミアリーグ3位に終わったチェルシーは、オーナー交代という大きな転換期を迎え、新シーズンに突入した。移籍市場ではその新オーナーが力を示さんと奮発。大枚を叩いてビッグネームを次々に獲得していった。

とりわけ、高額な移籍金にマンチェスター・シティも尻込みしたククレジャを推定6500万ユーロで獲得。さらに、それを上回る約8000万ユーロもの移籍金でレスターからフォファナを引き抜いた。また、一昨季前のCL優勝に大きく貢献したリュディガーやクリステンセンの抜けた穴は、百戦錬磨のクリバリで補強。前線にはスターリングに加え、移籍市場の最終日にオーバメヤンを確保し、充実のスカッドを完成させた。

しかし、蓋を開けてみると、プレミアリーグではここまで3勝1分け2敗と思うように成績は伸びず。6試合で8得点9失点と攻守に課題が山積する状態でCL開幕を迎えることになる。

◆イタリア制覇のチームが欧州での躍進を狙う〜ミラン〜
11年ぶりのセリエA制覇という実績を携え、ヨーロッパでの高みを目指すミラン。CLは2シーズン連続の出場となるが、優勝した06-07シーズン以降、最高位は11-12シーズンのベスト8と、ここ15年間は目立った成績を残せていない。

移籍市場では昨季の主力流出をケシエ一人に留めた一方、オリジやデストなど即戦力候補を確保。また、およそ3200万ユーロの移籍金を投じてクラブ・ブルージュから獲得したベルギー代表MFデ・ケテラエルは、多くのビッグクラブが獲得を熱望した期待のホープ。昨季はジュピラー・プロ・リーグで33試合14ゴール7アシストの好スタッツを記録し、イタリア上陸を果たした。

192cmという恵まれた体躯を持つ21歳は、早くもロッソネリでレギュラーを掴みかけており、3-2で勝利した直近のインテル戦では63分までプレー。また、ヨーロッパでの経験も申し分なく、昨季もCLグループステージの全6試合に出場。大舞台で覚醒の時を待つ。

◆2年連続ベスト16進出なるか、絶好調の新ストライカーに期待〜ザルツブルク〜
チェルシーとミランがこのグループの2強であることは間違いないが、両チームがまだまだ未完成であることを踏まえると、追随する2チームにも十分グループステージ突破のチャンスはある。

国内9連覇中のザルツブルクは今回で4大会連続の出場に。昨季はオーストリアのチームとして史上初のグループステージ突破を果たした。ベスト16ではバイエルンと相手が悪かったものの、34歳の青年指揮官に率いられたチームは監督共に将来性を期待させた。

今夏は例によって、昨季公式戦41試合で6ゴール10アシストのアーロンソンや、44試合で23ゴール9アシストの成績を叩き出したアデイェミといった主力の引き抜きに遭ったものの、代わりにシャフタールから獲得したフェルナンドが好調。176cmのセンターFWは、ここまでリーグ戦7試合に出場し、4ゴール4アシストを記録している。

◆悲願のGS突破へ、国内リーグでの好調を持ち込みたい〜ディナモ・ザグレブ〜
こちらもクロアチアではリーグ5連覇中の絶対王者。2位となった16-17シーズン以前も11連覇していた。ただ、ヨーロッパでは20-21シーズンのヨーロッパリーグ(EL)ベスト8が最高位。CLでは一度もグループステージを突破したことがない。

今季は予選2回戦からシュクピ(北マケドニア)、ルドゴレツ(ブルガリア)、ボデ/グリムト(ノルウェー)を下して本大会へ進出。厳しい日程の中でもリーグ戦ではここまで7勝1分け無敗で来ており、特にホームのスタディオン・マクシミールでは、公式戦直近19試合で16勝3分けと無敗を誇っている。

そんなザグレブのキープレイヤーは10番を背負う19歳のマルティン・バトゥリナ。同クラブの下部組織出身で、本格的なプロデビューを果たした昨季は公式戦25試合に出場し3ゴール5アシストをマークした。ゲームメイカーらしい広い視野と正確なボール捌きが特長で、ゴール前への飛び出し、フィニッシュ精度も19歳のそれとは思えないレベルの高さを誇る。