かつてリバプールで将来を嘱望され、現在はスペイン3部のレアル・バロンペディカ・リネンセに所属するイングランド人FWボビー・ダンカンが、元代理人に対する怒りを口にした。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

スティーブン・ジェラード氏を従兄に持つダンカン。2018年夏にリバプールのアカデミーへ加入すると、翌年のプレシーズンではトップチームのアメリカツアーに参加するなど、高い期待がかけられていた。

しかし、ダンカンと代理人を務めるサイフ・ルービー氏は、トップチームでの出場機会を求めて移籍を画策。ルービー氏の「リバプールによる精神的ないじめを受けている」といった発言でクラブとの関係が急速に悪化したこともあり、2019年9月にフィオレンティーナ移籍が実現した。

待望の移籍を果たしたダンカンだったが、フィオレンティーナや翌年移籍のダービー・カウンティでは満足な出場機会を得られず。今夏からレアル・バロンペディカ・リネンセに完全移籍している。

思うようなキャリアを築けていないダンカンについて、2020年1月に代理人の職を解かれたルービー氏はイギリス『talkSPORT』に出演し、リバプールからの移籍は自分の本意ではなかったと発言。選手の強い意志が引き起こした移籍だったと説明した。

「私の仕事は選手やクラブを問わず、助けを求めている人のためベストを尽くすことだ。そして彼の場合、私を信じるかどうかは自由だが、リバプールへの残留が最良の結果だと思っていたよ。結果としてリバプールとは少し醜い関係になってしまい、残念だった」

これに対して、ダンカンは自身のツイッターで怒りの反論(現在は削除済み)。すべては代理人主導の下で行われたことだと強調し、そのせいでキャリアを台無しにしてしまった後悔を明かした。

「あなた(ルービー氏)も僕も、何が真実か知っているだろう。僕のキャリアを危険にさらし、地元の若者を憧れのクラブから引き離し、その責任は僕と家族に負わせることをあなたが勝手に決めた。僕には決定権も発言権もなかったんだ」

「キャリアを取り戻すことが僕にとって一番の優先事項だった。だから、僕は一度だってこの4年間のことを話していない。それなのに、ラジオ番組で僕の名前を出す権利があると思っているのだろうか」

「僕は自分のキャリアをあなたに託すべきじゃなかった。そこで厳しい教訓を学んだよ。今後も、あなたは他の若い子のキャリアを台無しにするかもしれない。だから、僕の件から学んでいることを祈るばかりだ」

セルティックvsレアルマドリード, フランクフルトvsスポルティングCP, PSG vs ユヴェントスなど見所満載!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら