ローマが元セルビア代表DFニコラ・マクシモビッチ(30)を獲得する可能性があるようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えている。

マクシモビッチはイタリア歴が長いセンターバック。これまでトリノやナポリなどでセリエA通算146試合2得点5アシストを記録しているほか、母国の名門レッドスターやロシアの強豪スパルタク・モスクワに在籍した経験も持っている。

昨夏にナポリとの契約が満了を迎えてジェノアに移籍したが、昨季のセリエAで14試合の出場にとどまり、チームもセリエBに降格。シーズン終了後に退団し、現在はフリーの身となっている。

そんななか、ローマのジョゼ・モウリーニョ監督がセンターバックの獲得を首脳陣らにリクエスト。欧州主要リーグの今夏移籍市場はすでに閉じられていることから、フリーで獲得可能な選手の中から何人かリストアップしたという。

その中で最も現実的な選択肢がマクシモビッチとのこと。同選手は昨季、ケガで計23試合を欠場するなどリスクもあるようだが、少しでも人件費を抑えたい思惑とみられ、元ドルトムントのフランス人DFダン=アクセル・ザガドゥらも候補に上がるなか、筆頭候補に躍り出ている模様だ。

モウリーニョ監督はリーグ戦とヨーロッパリーグ(EL)を並行して戦うなか、イタリア代表DFジャンルカ・マンチーニら主力3選手以外に頼れるセンターバックがいない現状を危惧。プレシーズンでサイドバックのコンバートを模索したがうまくいかず、現在はアルバニア代表DFマラシュ・クンブラも負傷離脱している。