2022-23シーズンのヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)・グループステージが8日に開幕する。昨シーズンから創設されたチャンピオンズリーグ(CL)、ヨーロッパリーグ(EL)に次ぐUEFA3番目のコンペティションにはDF菅原由勢が在籍するAZ、ビジャレアルやウェストハムなど5大リーグの強豪クラブが参戦する。

ここでは、注目クラブや日本人選手の所属するチームを中心にグループステージを展望していきたい。

◆ビジャレアルやハマーズ、ヴィオラ参戦!
Getty Images
昨季と比較してやや地味な顔ぶれとなった今グループステージでは、昨季CLベスト4で一昨季のEL王者であるビジャレアル、ウェストハム、フィオレンティーナ、ニースといった5大リーグの実力派クラブが優勝候補となる。

セビージャとビジャレアルで通算4度ELを制し、昨季CLでもユベントス、バイエルンを連破してベスト4に導いた名将エメリ率いるイエローサブマリンは、昨季の戦力をほぼ維持。就任3年目の指揮官の戦術の浸透も進み、ラ・リーガでは開幕3勝1分けの無敗と最高の滑り出しを見せている。ハポエル・ベエルシェバ、オーストリア・ウィーン、レフ・ポズナンと同居するグループCでは実力差も大きく、リーグ戦により重きを置いたとしても首位通過の可能性は高いはずだ。

その本命に次ぐ2番手はイングランドの名門ウェストハム。昨季ELでベスト4のウェストハムは、今夏にFWスカマッカ、MFパケタ、DFケーラー、FWコルネ、DFエメルソン・パルミエリと積極補強を敢行。ここまでのリーグ戦では1勝1分け4敗と思わぬ苦戦を強いられたが、スカッドの質は今ラウンド出場チームで筆頭と言える。グループBではDFヴェルトンゲン、MFアマドゥ・ディアワラ、FWファビオ・シウバらを補強したベルギーの名門アンデルレヒトとの一騎打ちが予想される。

イタリアの名門フィオレンティーナは、イタリアーノ監督の下で魅力的なスタイルを志向する好チーム。今季のセリエA序盤戦では勝ち星にこそ恵まれていないものの、ナポリとユベントス相手に堂々たる戦いぶりでドローに持ち込むなど、開幕から好調を維持。DFミレンコビッチ、MFマンドラゴラ、MFバラク、FWヨビッチと各ポジションに能力の高いタレントを揃える。グループAではプレーオフ進出の可能性は高いが、豊富な資金力を武器に多くのタレントを揃えるイスタンブール・バシャクシェヒルとの首位通過を懸けた争いには注目が集まるところだ。

その他ではニース、ケルンにパルチザン・ベオグラードが同居したグループDの戦いに注目。とりわけ、ニースは今夏の移籍市場でMFラムジー、GKシュマイケル、FWペペ、MFバークリーらプレミアリーグで活躍したビッグネームを補強。新指揮官に就任したファブレ監督の采配を含め、前述の優勝候補に比肩しうる注目のチームだ。ヨーロッパの常連であるパルチザン、ブンデスリーガの古豪ケルンを相手に首位通過できれば、一躍優勝候補に躍り出ることになるはずだ。

◆菅原が唯一の参戦
Getty Images
今シーズンのECLグループステージでは、昨季に続いて参戦となった菅原が唯一の日本人選手となる。

今年6月に左ヒザを手術した影響で開幕に出遅れた菅原だが、チームが慎重に起用法を模索する中、MF藤本寛也、MF新井瑞希を擁するジル・ヴィセンテとのECL予選プレーオフで待望の実戦復帰。その復帰戦となった1stレグではチーム4点目を演出するアシストを記録。2ndレグは引き続き途中出場となったが、ここでも堅実なパフォーマンスを見せてグループステージ進出に貢献した。

今回のグループステージではアポロン・リマソル、ファドゥーツ、ドニプロ-1と同居するグループEに。今季のエールディビジで4勝1分けの無敗と好調を維持するAZの実力を考えれば、昨季に続いて首位通過の可能性は高いはずだ。

戦列復帰後はすべて途中出場で短いプレータイムにとどまる菅原は、引き続きクローザー役での起用が続くことが想定されるが、今グループステージを通じて徐々にプレータイムを増やしてチームの突破に貢献したいところだ。

◆グループA
イスタンブール・バシャクシェヒル(トルコ)
フィオレンティーナ(イタリア)
ハート・オブ・ミドロシアン(スコットランド)
FK RFS(ラトビア)

◆グループB
ウェストハム(イングランド)
FCSB(ルーマニア)
アンデルレヒト(ベルギー)
シルケボー(デンマーク)

◆グループC
ビジャレアル(スペイン)
ハポエル・ベエルシェバ(イスラエル)
オーストリア・ウィーン(オーストリア)
レフ・ポズナン(ポーランド)

◆グループD
パルチザン・ベオグラード(セルビア)
ケルン(ドイツ)
ニース(フランス)
スロヴァコ(チェコ)

◆グループE
AZ(オランダ)/菅原由勢
アポロン・リマソル(キプロス)
ファドゥーツ(リヒテンシュタイン)
ドニプロ-1(ウクライナ)

◆グループF
ヘント(ベルギー)
モルデ(ノルウェー)
シャムロック・ローバーズ(アイルランド)
ユールゴーデン(スウェーデン)

◆グループG
スラビア・プラハ(チェコ)
クルージュ(ルーマニア)
スィヴァススポル(トルコ)
バルカニ(コソボ)

◆グループH
バーゼル(スイス)
スロバン・ブラチスラヴァ(スロバキア)
ジャルギリス(リトアニア)
ピュニク(アルメニア)