2022-23シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループステージが6日に開幕した。グループAはリバプールとナポリが本命。主力を多数引き抜かれて戦力ダウンのアヤックスはナポリには及ばないか。12季ぶり出場のヨーロッパリーグ(EL)準優勝レンジャーズがCL常連の3チーム相手にどれだけやれるかも注目される。

◆編集部予想
◎本命:リバプール
○対抗:ナポリ
△連下:アヤックス
☆大穴:レンジャーズ

◆マネの穴を埋められるか〜リバプール〜
Getty Images
昨季CLファイナリストのリバプール。プレミアリーグではマンチェスター・シティに次ぐ2位となり、2つのビッグタイトルをあと一歩のところで逃す悔しいシーズンとなった。

そのリバプールは万能型FWマネがバイエルンへ移籍。自身でゴールも奪え、味方も生かせるセネガル代表FWの移籍は今季ここまでを見る限り、小さくない戦力ダウンになっているようだ。代わってストライカーには昨季対戦相手のベンフィカからFWヌニェスを獲得。申し分ない得点感覚を持つストライカーの彼がチームにフィットしていけば、マネの存在を忘れることができるだろう。

ヌニェス以外ではMFアルトゥールを移籍期限最終日に獲得。ケガがちなMFチアゴの代役として期待される。やたら縁のあるナポリと首位通過を懸けて凌ぎを削り合うことが予想されるが、欧州制覇を目指すレッズとしては難なくグループステージは突破といきたい。

◆新戦力クワラツヘリアに期待〜ナポリ〜
Getty Images
昨季セリエAで3位となって3季ぶりにCLに戻ってきたナポリ。スパレッティ体制2季目の今季はFWインシーニェ、DFクリバリ、MFファビアン・ルイス、FWメルテンスと主軸がこぞってクラブを離れた。

財政難のチームだが、新戦力として迎えたMFクワラツヘリア、DFキム・ミンジェがセリエA開幕から大活躍しており、思いのほか戦力ダウンには陥っていないようだ。そして何より攻撃面において絶大な柱であるFWオシムヘンが残留したのが大きい。FWラスパドーリとの連係が深まれば、これまでのナポリ同様、魅力的な攻撃を展開できるはずだ。戦力ダウンしているアヤックスに出し抜かれるわけにはいかない。

◆主力流出の影響は大きいか〜アヤックス〜
Getty Images
昨季はグループステージ全勝という破竹の勢いを見せたものの、ラウンド16でベンフィカの前に敗退に終わったアヤックス。そしてオランダ王者は昨季のCLでの活躍を受け、主力がごっそりと引き抜かれた。

得点源だったFWアラーがドルトムントへ、守備の要DFリサンドロ・マルティネスと新進気鋭のアタッカーFWアントニーがマンチェスター・ユナイテッドへ、大器MFグラフェンベルフがバイエルンへ、CLベスト4メンバーのDFタグリアフィコがリヨンへそれぞれ旅立った。

そして躍進を支えていたテン・ハグ監督がユナイテッドに引き抜かれ、大幅な戦力ダウンを強いられている。彼らに代わって獲得されたのはトッテナムFWベルフワイン、セビージャFWオカンポス、レンジャーズDFバッシー、オランダ代表DFワインダルと質、量ともに乏しいと言わざるを得ない。昨季までとは別のチームに生まれ変わった中、オランダ国内で実績を残しているシュロイデル新監督がどのような手綱捌きを見せるのかに注目だが、過度な期待は禁物だ。

◆EL準優勝の意地を〜レンジャーズ〜
Getty Images
昨季EL準優勝のレンジャーズは、予選3回戦から登場。DF町田のサン=ジロワーズを逆転で下し、プレーオフではファン・ブロンクホルスト監督のオランダ代表時代のチームメートであるファン・ニステルローイ監督率いるPSVを下して、2010-11シーズン以来12季ぶりに本戦出場への切符を手にした。

主力では守備の要だったバッシーが前述のようにアヤックスへ、セントラルMFアリボがサウサンプトンへそれぞれ引き抜かれた。ただ、チームを再建したファン・ブロンクホルスト監督が残留しており、アヤックスほどの戦力ダウンの心配はなさそうだ。昨季EL準優勝の自信を糧にCL常連のチームから勝ち点を奪えるか。