2022-23シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージが8日に開幕する。優勝チームに翌シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)出場権が与えられる同大会に、今シーズンは7人の日本人選手がグループステージから参戦。また、マンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、ローマ、ラツィオといった強豪も出場する。

ここでは、注目クラブや日本人選手の所属するチームを中心にグループステージを展望していきたい。

◆プレミアから2つのメガクラブ、初代ECL王者も参戦
Getty Images
昨季のグループステージはメガクラブ不在となったが、今季はマンチェスター・ユナイテッド、アーセナルとイングランドの2つのメガクラブが参戦。そして、その2クラブが現時点での優勝候補筆頭だ。

今季、テン・ハグ新監督の下で捲土重来のシーズンに臨むユナイテッドは、格下相手に開幕連敗スタート。しかし、以降はリバプール、アーセナルを破るなど、見事な4連勝で一気に巻き返してきた。今後もクラブとしてはリーグ戦の戦いを優先しつつ、MFカゼミロやFWアントニー、GKドゥブラフカといった新戦力のフィットを促す意味で、今大会を戦う見込みだ。

ソシエダ、シェリフ、オモニアと難敵揃いのグループだが、前述の新戦力やDFマグワイア、FWクリスティアーノ・ロナウドらベテランの力を借りながら地力の差を見せつけて首位通過を狙う。

一方、2シーズンぶりに欧州の舞台に戻ってきたアーセナルは、前述のユナイテッド相手に今季初黒星を喫したものの、リーグ開幕5連勝と近年で最高の序盤戦を過ごす。一部のポジションで選手層の問題を抱えるが、今大会では出場機会に飢える控え選手やMFファビオ・ヴィエイラ、GKターナーといった新戦力に出番を与えられる格好の調整の場となりそうだ。

グループAではユナイテッドのレジェンドであるファン・ニステルローイが率いるPSVが最大のライバルとなり、昨季ECLで確かな実力をみせ、ホームが人工芝という対戦相手にはやり辛いボデ/グリムトもタフな相手となりそうだ。

ユナイテッドとアーセナルの2強以外では、ローマとラツィオのセリエA勢、レアル・ベティス、スタッド・レンヌといった5大リーグの強豪クラブの戦いにも注目が集まる。

とりわけ、モウリーニョ監督の下で昨季のヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)で初代に王者に輝いたローマは、今夏の移籍市場でFWディバラやFWベロッティ、MFワイナルドゥム、MFマティッチら百戦錬磨のタレントを獲得。現在はワイナルドゥム、MFザニオーロら主力の負傷離脱に悩まされるが、ポルトガル人指揮官の手堅い采配と出場チーム屈指の攻撃陣を軸に、ベティス、ルドゴレツ、ヘルシンキと同居するタフなグループ突破を狙う。

タレント力ではローマに及ばずも、智将サッリに主砲インモービレ、MFミリンコビッチ=サビッチというワールドクラスのタレントに玄人好みの実力者を多数スカッドに抱えるラツィオは、ECL準優勝のフェイエノールト、ミッティラン、シュトゥルム・グラーツと同じグループに入った。選手層の問題を抱え、欧州では思うように結果を残せていないが、少なくともグループステージ突破は堅い。

◆原口vs町田の日本人対決!
Getty Images
今シーズンのグループステージでは、7人の日本人選手がプレーする。

グループAでは前述のアーセナルでプレーするDF冨安健洋が自身初の欧州の舞台に臨む。昨季から続く負傷の影響や、好調チームのスタメンはいじらないというフットボール界の定説もあり、ここまでのリーグ戦ではスタメン起用がない冨安。それでも、クローザー役として存在感を示しており、リーグ戦に比べて消耗が少ないELの舞台でより多くのプレータイムを得ることになりそうだ。現状ではDFホワイトに後れを取っているが、ELでのプレーを通じてコンディションを上げてリーグ戦でのスタメン出場に繋げたい。

ビジャレアル時代以来のEL参戦となるソシエダのMF久保建英は、昨季CLの舞台でプレーしたユナイテッド、シェリフと同居するグループEで突破を目指す。新天地ではこれまで主戦場としてきた右サイドではなく2トップの一角、トップ下での起用が増えており、より得点に絡む仕事が求められる。ただ、クラブが今夏の移籍市場終盤に2人の大型ストライカーを獲得し、18歳の逸材FWチョも存在感を示しており、今後はベテランMFダビド・シルバのフル稼働が難しいトップ下、3トップのオプション採用によって本職でのプレーが増える可能性が高い。アルグアシル監督がリーグ戦、ELのどちらにプライオリティを置くかで起用法が変わってくるが、コンディションに問題がなければ多くの試合でプレー機会が与えられる見込みだ。

PSVでプレーした昨季に続き今季はフライブルクでグループステージ参戦となるMF堂安律。グループGは元レアル・マドリーDFマルセロの加入で話題を集めるオリンピアコス、フランスの古豪ナント、欧州常連のカラバフ曲者揃いの難しいグループだ。開幕から公式戦6試合3ゴールと早くもエース級の働きを見せるレフティは、欧州の経験の少ないチームにおいてDFギンターと共に頼れる存在となるはずだ。

CL予選プレーオフ敗退に伴い、モナコのFW南野拓実はザルツブルク時代以来のEL参戦となる。グループHはビッグクラブこそいないが、ツルヴェナ・ズヴェズダ、フェレンツヴァーロシュ、トラブゾンスポルと欧州の経験豊富な難敵揃いだ。鳴り物入りでの加入となったものの、新天地適応に苦戦する南野としては、レギュラー奪取に向けて今大会でアピールといきたい。また、チームでは序盤の不振によってクレメント監督の去就も怪しくなっており、グループステージ突破が義務付けられる。

また、今グループステージではグループDでMF原口元気を擁するウニオン・ベルリン、DF町田浩樹を擁するユニオン・サン=ジロワーズが直接対決に臨む。原口はチームが開幕から快進撃を見せる中、第3節以降はベンチスタートが続いており、このELの舞台で存在感を示したい。一方、町田は開幕以降、負傷離脱が続いており、このグループステージ期間中に戦列へ復帰したい。

最後に主力として予選突破に貢献したMF田中亜土夢のヘルシンキは、優勝候補ローマとベティスと同居する厳しいグループCにおいてチームと共に奮闘を期待したい。

◆グループA
アーセナル(イングランド)/冨安健洋
PSV(オランダ)
ボデ/グリムト(ノルウェー)
チューリヒ(スイス)

◆グループB
ディナモ・キーウ(ウクライナ)
スタッド・レンヌ(フランス)
フェネルバフチェ(トルコ)
AEKラルナカ(キプロス)

◆グループC
ローマ(イタリア)
ルドゴレツ(ブルガリア)
レアル・ベティス(スペイン)
ヘルシンキ(フィンランド)/田中亜土夢

◆グループD
ブラガ(ポルトガル)
マルメ(スウェーデン)
ウニオン・ベルリン(ドイツ)/原口元気
ユニオン・サン=ジロワーズ(ベルギー)/町田浩樹

◆グループE
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
レアル・ソシエダ(スペイン)/久保建英
シェリフ(モルドバ)
オモニア(キプロス)

◆グループF
ラツィオ(イタリア)
フェイエノールト(オランダ)
ミッティラン(デンマーク)
シュトゥルム・グラーツ(オーストリア)

◆グループG
オリンピアコス(ギリシャ)
カラバフ(アゼルバイジャン)
フライブルク(ドイツ)/堂安律
ナント(フランス)

◆グループH
ツルヴェナ・ズヴェズダ(セルビア)
モナコ(フランス)/南野拓実
フェレンツヴァーロシュ(ハンガリー)
トラブゾンスポル(トルコ)