ガラタサライが今夏の移籍市場閉幕間際に大型補強を敢行している。

ガラタサライは7日、パリ・サンジェルマン(PSG)の元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(29)が移籍のため現地入りしたことを伝えた。

インテルで2度のセリエA得点王に輝くも、2019年夏から在籍するPSGでは鳴かず飛ばずのイカルディ。昨季はFWリオネル・メッシの加入もあり、リーグ・アンでは24試合4得点止まり。今夏就任のクリストフ・ガルティエ監督から構想外とみなされ、今季は一度もピッチに立てていない。

そういった中、ガラタサライはPSGと1年間のレンタル移籍でクラブ間合意。当初、サラリー面の問題で移籍に難色を示したイカルディだが、最終的にPSGが給与の大半を負担することを決断したこともあり、イスタンブール行きを受け入れた。

そして、イカルディとワンダ・ナラ夫人ら家族は7日にイスタンブールに到着。空港では多くのガラタサライサポーターから熱烈な歓迎を受けている。同選手は今後、メディカルチェックを受診した後に契約書にサインする予定だ。

また、ガラタサライは同日、ノリッジ・シティのコソボ代表FWミロト・ラシツァ(26)、ラピド・ウィーンのオーストリア代表FWユスフ・デミル(19)、オールボーBKのU-21デンマーク代表DFマティアス・ロス・イェンセン(21)の獲得に向けた交渉開始を発表。3選手はイカルディに続き、8日に移籍が完了する見込みだ。

さらに、現地報道ではマンチェスター・ユナイテッドを退団して以降、フリーの元スペイン代表MFフアン・マタ(34)が1年契約で加入する可能性もあるという。

セルティックvsレアルマドリード, フランクフルトvsスポルティングCP, PSG vs ユヴェントスなど見所満載!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら