ガラタサライは7日、元スペイン代表MFフアン・マタ(34)の獲得交渉をスタートさせたことを発表した。

マタは、レアル・マドリーの下部組織出身で、カスティージャから2007年7月にバレンシアへと加入する。

そのバレンシアでは公式戦174試合で46ゴール52アシストを記録し名を馳せると、2011年8月にチェルシーへと完全移籍。チェルシーでは公式戦135試合で32ゴール58アシストを記録した。

2014年1月からマンチェスター・ユナイテッドでプレーしていたが、2021-22シーズン限りで退団。公式戦285試合で51ゴール47アシストを記録し、ゲームメーカーとして十分な働きを見せていた。

スペイン代表としても41試合に出場し10ゴールをアシスト。2010年の南アフリカ・ワールドカップの優勝メンバーの1人で、2012年のユーロも制している。

フリーになり去就が注目されていた中、新天地はトルコになる見込み。「フアン・マタと当クラブへの移籍に関して、正式な交渉が開始されました」とガラタサライは伝えている。

トルコの移籍市場は閉鎖間際。7日にはパリ・サンジェルマン(PSG)の元アルゼンチン代表FWマウロ・イカルディ(29)がレンタル移籍で加入するためにメディカルチェクを受けることを発表。また、ノリッジ・シティのコソボ代表FWミロト・ラシツァ(26)、ラピド・ウィーンのオーストリア代表FWユスフ・デミル(19)、オールボーBKのU-21デンマーク代表DFマティアス・ロス・イェンセン(21)の交渉もスタートしたことを発表していた。



セルティックvsレアルマドリード, フランクフルトvsスポルティングCP, PSG vs ユヴェントスなど見所満載!
グループステージから決勝までCL全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら