今夏は大量の選手を手放し、人員整理を行ってきたパリ・サンジェルマン(PSG)だったが、チームの財政を助けるようなものにはなっていなかった。

マウリシオ・ポチェッティーノ監督を解任し、クリストフ・ガルティエ監督を招へいしたPSG。移籍が濃厚とされていたフランス代表FWキリアン・ムバッペは契約を延長し、ブラジル代表FWネイマールも残留となった。

ガルティエ監督は、就任直後からチームが選手を獲得するには売却が先だと発言。若手選手を含め、合計で28名がチームをこの夏に去ることとなった。

主要リーグの移籍市場が閉鎖した中、8日に最終日を迎えたトルコにもアルゼンチン代表FWマウロ・イカルディを放出していたが、フランス『ル・パリジャン』はまやかしの移籍市場だったと伝えた。

28名のうち、『ル・パリジャン』が主要な売却選手として14名をピックアップしたが全てレンタル移籍であり、買い取りオプションが付いているのも6名。レンタル料が掛かるのも2名しかいなかった。

レンタル料を受け取るのは、ベンフィカに移籍したユリアン・ドラクスラーとRBライプツィヒに移籍したアブドゥ・ディアロの2名。それぞれ200万ユーロ(約2億8500万円)となっている。

チームの財源を潤す完全移籍で移籍金を手にすることができず、結果として十分な補強はできずに終わった。また、レンタルした選手もイカルディの他、ドラクスラーやレイヴァン・クルザワ、ジョルジェニオ・ワイナルドゥムは給与の一部を負担している。

またPSGは、欧州サッカー連盟(UEFA)から、FFP(ファイナンシャル・フェア・プレー)の規則に違反したとして、1000万ユーロ(約14億3000万円)の罰金を科されたばかり。さらに5500万ユーロ(約78億7000万円)の執行猶予が与えられたばかりであり、財政面を整えなければいけない状況は変わっていない。

レンタルでチームを去った選手たちは来年には戻り、PSGとの契約も2024年以降まで残っている選手がほとんど。真剣に選手を売りに出さなければ、破綻が近づいている。

バイエルンvsバルセロナ、スポルティングCPvsトッテナム、マンチェスターCvsドルトムントなど見所満載!
グループステージから決勝までチャンピオンズリーグ全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら