先日にモロッコ代表の指揮官を退任したヴァイッド・ハリルホジッチ氏(70)が、チェルシーの新指揮官候補に挙がっていたことが判明した。フランス『レキップ』が報じている。

かつては日本代表も指揮したハリルホジッチ氏。2010年のコートジボワール代表、2014年のアルジェリア代表、2018年の日本代表に続き、今大会でもモロッコをワールドカップ(W杯)出場に導いていた。

その一方で、チェルシーのMFハキム・ツィエクやバイエルンのDFヌサイル・マズラウィら一部選手との確執により、チームの主力となりうる実力者を除外するなど、メンバー選考に関して批判の声が集まっていた。

これにより、モロッコサッカー協会(FRMF)は先月に同氏との契約を双方合意の下で解消するという、事実上の解任を決断していた。

これにより、通算3度目のW杯本大会直前の解任という憂き目を味わった老将だが、依然としてその手腕を評価する代表チームやクラブは多く、先日にトーマス・トゥヘル監督を解任したチェルシーも同氏の招へいに関心を示していたようだ。

『レキップ』によると、チェルシーのトッド・ベーリー会長は新指揮官候補の一人としてハリルホジッチ氏の代理人との話し合いの場を持つことで合意。その際、元日本代表指揮官のプロジェクトを聞く予定だったという。

しかし、チェルシー会長はイングランド人の指揮官の招へいを優先し、ブライトンからグレアム・ポッター監督の引き抜きに成功したことで、両者の会談は最終的に実現しなかったようだ。

仮に、今回の会談が実現し、ハリルホジッチ氏がチェルシーの新指揮官に就任した場合、今夏移籍が有力視されながら最終的に残留となったツィエクと再会予定だった。それだけに、ツィエクは今回の話が流れたことに安堵していることだろう。

なお、これまでリールやパリ・サンジェルマン、ナント、ディナモ・ザグレブ、トラブゾンスポルなどのクラブチームを率いた経験を持つハリルホジッチ氏には、幾つかの代表チームや中東のクラブからオファーが届いているが、現時点で具体的な話には進展していないとのことだ。

バイエルンvsバルセロナ、スポルティングCPvsトッテナム、マンチェスターCvsドルトムントなど見所満載!
グループステージから決勝までチャンピオンズリーグ全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら