昨シーズン限りでガラタサライを退団していた元トルコ代表MFアルダ・トゥラン(35)が現役引退を発表した。自身のインスタグラムで明かした。

ガラタサライの下部組織で育ったアルダは、2005年1月からファーストチームでプレー。マニサスポルへのレンタル移籍も経験しながら、ガラタサライでその名を挙げると、2011年8月にアトレティコ・マドリーへと完全移籍。

アトレティコでは、2011-12シーズンにヨーロッパリーグ、2012-13シーズンにコパ・デル・レイ、2013-14シーズンにラ・リーガとタイトルを獲得。その後、2015年7月にバルセロナへと移籍したが、この選択でキャリアが暗転する。

加入したバルセロナでは、当時選手登録が禁止されていたためにプレーできず。その後も不遇の時期を過ごすと、2018年1月に加入したレンタル先のイスタンブール・バシャクシェヒル在籍時には、ナイトクラブでの暴行やセクハラ、銃器不法所持等の容疑で2019年9月に2年8カ月の懲役刑を言い渡された。

加えて試合中の主審への暴言なども問題となり、16試合の出場停止処分も科せられるなど非道の限りを尽くし、2020年1月にイスタンブールBBとは双方合意で契約解除。半年後にはバルセロナも契約満了で退団し、同年8月に古巣のガラタサライへ9年ぶりに復帰した。

ガラタサライ復帰後はキャプテンを務めるなど、2020-21シーズンはリーグ戦32試合に出場し4ゴール2アシストを記録するなど、優勝争いするチームを引っ張った。しかし、昨季は度重なるケガに悩まされ、公式戦12試合の出場にとどまると、契約満了に伴い、クラブを退団していた。

また、トルコ代表では2006年8月のルクセンブルク戦でデビュー。ユーロでは2008年と2016年の2度に渡り出場するなど通算100試合に出場した。

バイエルンvsバルセロナ、スポルティングCPvsトッテナム、マンチェスターCvsドルトムントなど見所満載!
グループステージから決勝までチャンピオンズリーグ全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら