インテル加入2季目のアルゼンチン代表FWホアキン・コレア(28)にとって、13日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)2戦目が正念場となるようだ。

コレアは昨夏に買い取りオプション付きのレンタルでラツィオから加入。ラツィオ時代にシモーネ・インザーギ監督の寵愛を受けた選手とあり、大きな期待を背負っての加入だったが、昨季は公式戦36試合6得点2アシストにとどまった。

現在はFWロメル・ルカクがケガで離脱していることもあり、今季ここまでの全公式戦に出場。その上でイタリア『カルチョメルカート』は、13日のCLグループC第2節、ビクトリア・プルゼニ戦がコレアの正念場になると主張している。

同紙によると、昨夏のコレア獲得は、最高経営責任者(CEO)ジュゼッペ・マロッタ氏が取り仕切った中で最も批判される交渉の1つ。すでに3100万ユーロ(約45億円)の買い取りオプションを行使したが、これまで金額に見合う活躍を披露してきたとは言い難い。

同紙はまた、この買い取りを「謎」と表現しており、コレアは7日に行われたバイエルンとのCL初戦でも、インテルファンからブーイングされていたとのことだ。

それでもプルゼニ戦ではスタメン起用される可能性もあり、首脳陣らによるコレアへの賭けが間違いではなかったと、まさにこの一戦で証明すべきだと論じている。