スペイン代表MFガビ(18)がバルセロナとの新契約にサインしたようだ。移籍市場に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏が報じている。

バルセロナとの現行契約が今シーズン終了までとなるガビだが、クラブの財政問題や今夏の新戦力補強を優先したことで、延長交渉は一時ペンディングの状態となっていた。

しかし、リバプールやチェルシーなど国外のメガクラブからの関心も伝えられる中、以前から相思相愛と言われてきた両者は今夏の移籍市場閉幕後に交渉を本格化。すでに完全な合意に至り、公式発表を残すのみだという。

ベティスからバルセロナのカンテラに加入したガビは、昨年8月末のヘタフェ戦でトップチームデビュー。18歳ながらここまで公式戦53試合に出場し、2ゴール6アシストを記録。また、同年10月には85年ぶりの更新となる史上最年少でのスペイン代表デビューも果たしていた。

今回の契約延長によって、ガビはペドリと共に、近年の黄金期を支えたチャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタのコンビを超えるようなさらなる飛躍が期待されるところだ。

バイエルンvsバルセロナ、スポルティングCPvsトッテナム、マンチェスターCvsドルトムントなど見所満載!
グループステージから決勝までチャンピオンズリーグ全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら