リバプールは13日、チャンピオンズリーグ(CL)グループA第2節でアヤックスをホームに迎え、2-1で競り勝った。

リバプールは初戦、ナポリに敵地で1-4と完敗し黒星スタートとなった。エリザベス女王の死去により週末のプレミアリーグが延期となって休養十分な中、3トップにはサラー、ルイス・ディアス、ジョタを起用した。

初戦のレンジャーズ戦を4-0と快勝したアヤックスに対し、立ち上がりからリバプールが攻勢に出ると17分に先制する。GKアリソンのロングボールを起点に、ルイス・ディアス、ジョタとつなぎ、最後はサラーがGKとの一対一を確実に制した。

そして22分には追加点のチャンス。FKの流れからルイス・ディアスが決定的なシュートを浴びせた。

しかし27分、アヤックスにワンチャンスで同点とされる。自陣右サイドをえぐられてマイナスにクロスを入れられると、最後はクドゥスにシュートを叩き込まれた。

追いつかれたリバプールだったが、気落ちすることなくゴールに迫り、アーノルドとファン・ダイクがハーフタイムにかけて2度ずつ好機を演出するもGKパスフェールの好守もあって勝ち越せず1-1で前半を終えた。

後半も押し込んだリバプールだったが、攻めあぐねると66分にヌニェスとフィルミノを投入。しかし75分にピンチ。右クロスからブリントのヘディングシュートがわずかに枠を外れた。

助かったリバプールは83分に絶好機。サラーのお膳立てからボックス内のヌニェスがシュートを放つも枠外だった。それでも89分、左CKからマティプのヘディングシュートが決まってリバプールが勝ち越し。

後半は苦しみながらもゴールをこじ開け、初勝利としている。

バイエルンvsバルセロナ、スポルティングCPvsトッテナム、マンチェスターCvsドルトムントなど見所満載!
グループステージから決勝までチャンピオンズリーグ全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら