パリ・サンジェルマン(PSG)は14日、チャンピオンズリーグ(CL)グループH第2節でマッカビ・ハイファと対戦し、3-1で勝利した。

先週行われたグループステージ(GS)初戦でユベントスに勝利したPSGが、ベンフィカに完敗したマッカビ・ハイファの本拠地に乗り込んだ一戦。

直近のブレスト戦もネイマール弾で勝利し公式戦4連勝中のPSGは、その試合から先発を3人変更。ハキミ、ベルナト、キンペンベに代えてメンデス、ムキエレ、マルキーニョスを先発で起用した。

PSGは開始早々の2分、ドリブルでDFを振り切ったエンバペがボックス左からシュートを放ったが、これは飛び出したGKに当たり枠の左に外れた。

その後も地力に勝るPSGが主導権を握ると思われたが、先手を取ったのはホームチーム。24分、中盤でルーズボールをカットしたアブ・ファニのパスを右サイドで受けたハツィザがアーリークロスを供給すると、これをファーサイドのチェリーに左足で押し込まれた。

先制したマッカビ・ハイファは、33分にもアブ・ファニのロングパスでDFの裏に抜け出したピエロがゴール前まで持ち上がりゴールネットを揺らしたが、これはオフサイドの判定でゴールは取り消された。

まさかの追う展開となったPSGは37分、ボックス左でパスを受けたムバッペが縦への仕掛けから折り返すと、相手DFにディフレクトしたボールがゴール前のメッシにつながると、難なくゴールネットを揺らした。

迎えた後半もマッカビ・ハイファが積極的な入りを見せたが、徐々にPSGが押し返していく。すると69分、メッシの絶妙なスルーパスからボックス左に抜け出したムバッペがワンタッチでゴール右隅にシュートを流し込んだ。

逆転に成功したPSGは、試合終了間際の88分にもヴェッラッティのロングパスで上手くDFの裏のスペースに抜け出したネイマールがゴール前まで切り込み、ゴールネットを揺らした。

結局、試合はそのまま3-1でタイムアップ。メッシ、ムバッペ、ネイマールが揃ってゴールを奪ったPSGがGS2連勝を飾った。

バイエルンvsバルセロナ、スポルティングCPvsトッテナム、マンチェスターCvsドルトムントなど見所満載!
グループステージから決勝までチャンピオンズリーグ全試合をWOWOWオンデマンドで独占ライブ配信!
無料トライアルなど詳しくはこちら