前節、ビッグクラブ勢は格下との対戦となった中、サレルニターナに引き分けたユベントス以外は順当に勝利を収めた。代表ウィーク前の今節、日曜にミランvsナポリの首位攻防戦、ローマvsアタランタの上位対決が組まれている。

まずはミランvsナポリから。ミラン(勝ち点14)は前節、FWレオンが後半開始早々に退場した中、サンプドリアに2-1と競り勝って連勝とした。そして水曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のディナモ・ザグレブ戦では3-1と快勝。公式戦3連勝として勢いに乗る中、出場停止で欠場のレオンに代わってはザグレブ戦でゴールを挙げたMFサーレマーケルスが起用予想。レギュラー奪取への足がかりとできるか。

一方、ナポリ(勝ち点14)は前節、スペツィアにウノゼロ勝利。移籍後初ゴールとなるFWラスパドーリに終盤弾が生まれて勝利をもぎ取った。そのナポリはCLでもレンジャーズ相手に後半の3発で快勝。こちらも公式戦4連勝で勢いに乗る中、勝ち点で並ぶ首位攻防のミラン戦を制すことはできるか。出色のパフォーマンスが続くMFクワラツヘリアのプレーには引き続き要注目だ。

続いてローマvsアタランタ。ローマ(勝ち点13)は前節、エンポリに2-1で辛勝。格下相手に多くのピンチがありながら何とか逃げ切った形だった。そのローマはヨーロッパリーグではヘルシンキ相手に快勝。チームを牽引するFWディバラにゴールが続いている他、FWベロッティにも移籍後初弾が生まれており、アタランタ戦を前にポジティブな要素を増やしている。難敵相手に勝利することで自信を深められるか。

一方のアタランタ(勝ち点14)は前節、昇格組のクレモネーゼに追いつかれる形で1-1の引き分けに。痛いドローとなった中、勝利を取り戻せるか。開幕以降、印象的な活躍が続くMFコープマイネルスのプレーに注目だ。

インテルは前節、難敵トリノにウノゼロ勝利。終盤のMFブロゾビッチ弾で辛勝とした。そしてCLでは10人となった格下プルゼニに2-0で勝利。FWルカク不在が響く形が続いている中、ウディネーゼとのアウェイ戦を制して代表ウィークに入れるか。

そして開幕以降、波に乗れないユベントスは昇格組モンツァとのアウェイ戦に臨む。前節サレルニターナ戦では2点のビハインドを負ってから攻勢を強め、一時は逆転かというところまで持って行ったが、VARによって引き分け止まりとなった。そして水曜に行われたCLではホームでベンフィカに逆転負け。アッレグリ監督の進退問題が懸かる一戦の行方はいかに。

◆セリエA第7節
9/16(金)
サレルニターナ 1-2 レッチェ

9/17(土)
《22:00》
ボローニャvsエンポリ
《25:00》
スペツィアvsサンプドリア
《27:45》
トリノvsサッスオーロ

9/18(日)
《19:30》
ウディネーゼvsインテル
《22:00》
クレモネーゼvsラツィオ
モンツァvsユベントス
フィオレンティーナvsヴェローナ
《25:00》
ローマvsアタランタ
《27:45》
ミランvsナポリ