モロッコ代表MFハキム・ツィエク(29)に関して、チェルシーから去るべきだと言う意見が出ている。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えた。

2020年7月にアヤックスからチェルシーへと完全移籍で加入したツィエク。引く手数多の中、頼れるアタッカーとして獲得された。

当時の指揮官であるフランク・ランパード監督(現エバートン)の強い希望もあったが、そのランパード監督は解任。後任のトーマス・トゥヘル監督の下では重宝されておらず、今夏の退団を希望した。

ツィエクの能力には疑いがなく、古巣であるアヤックス、そしてミランが獲得に興味を示しており、本人も移籍を強く希望していた。

しかし、移籍は実現せず。それでもトゥヘル監督が電撃解任されたことで状況が変わるかと思われたが、新任のグレアム・ポッター監督は[3-4-2-1]のシステムを採用。ツィエクが生きるポジションがなくなってしまった。

チェルシーでは公式戦84試合で14ゴール10アシストを記録しているツィエクだが、輝いた日はほとんどなく、チームの戦術も適していないため、来年1月の移籍を目論むこととなりそうだ。

そんな中、アヤックス出身で、チャンピオンズリーグ(CL)のザルツブルク戦を解説した元オランダ代表MFラファエル・ファン・デル・ファールト氏がオランダ『Ziggo Sport』でツィエクに言及。満足しているようには見えないとし、退団を進めた。

「もちろん、彼は決して笑顔ではないが、今、彼が良い時間を過ごしていないことは、全てから見て取れる。彼が本当の笑顔でいることはない」

「ツィエクは獲得したならば必ずプレーさせなければならない選手だ。チェルシーは多くの良い選手がいるが、彼のような選手はベンチに座ることを好まない」

ツィエクが現在置かれている状況は、同じくチェルシーで3人の監督の下でプレーしているアメリカ代表MFクリスチャン・プリシッチ(23)ととてもよく似ている。

プリシッチも今夏退団を希望し、多くのチームが関心を寄せていたが、チェルシーは放出に消極的。背番号10は今季の公式戦全8試合に出場しているが、先発出場はわずか1試合という状況だ。

契約がある以上、クラブが首を縦に振らなければ移籍はできないが、出場機会を得ることができるのか。ポッター新監督へのアピール次第ではチャンスがあるかもしれない。