バルセロナが、スペイン代表MFガビの契約延長に合わせてサイン会を実施した。

レアル・ベティスからバルセロナのカンテラに加入したガビは、2021年8月末のヘタフェ戦でファーストチームデビュー。18歳ながらここまで公式戦53試合に出場し、2ゴール6アシストを記録。また、2021年10月には史上最年少でのスペイン代表デビューも果たし,
85年ぶりに記録を更新した。

ガビとクラブとの契約が残り1年を切っていたなか、14日に契約を2026年まで延長。そのことを祝してカンプ・ノウのバルサストアでサイン会が開かれた。

ただ、そのサイン会ではちょっとした出来事が。1人の女性ファンがサインと写真撮影の間の一瞬の隙に1枚の小さなメモを手渡していた。

メモに何が書かれていたかは判明していないが、スペイン『スポルト』は「電話番号かインスタグラムのIDか」と推測するなど、大きな注目を集めている。

果たして、メモには何が書かれているのだろうか。