【明治安田生命J1リーグ第30節】
2022年9月16日(金)
19:00キックオフ
サガン鳥栖(7位/40pt) vs 鹿島アントラーズ(5位/46pt)
[駅前不動産スタジアム]

◆上位相手にも自分たちの色を【サガン鳥栖】

前節はセレッソ大阪を相手に敗戦。追いつきながらも最後の最後にやられるという悔しい敗戦となった。

川崎フロンターレ、C大阪と上位との対決で敗れたことで、一歩後退してしまった感はあるが、残り3試合でどう勝ち点を積み上げるかが重要となる。

アウェイ3連戦は1勝2敗。ただ、自分たちがパフォーマンスを出せなかったというわけではなく、相手に上回られたという状況。川井健太監督が今シーズンやってきた戦い方は、継続で間違いない。

あくまでもボールを握り、相手を押し込んでいくスタイルで鹿島に向かうべき。上位相手にその戦い方で結果を出していきたい。

★予想スタメン[3-4-2-1]
GK:朴一圭
DF:原田亘、ファン・ソッコ、ジエゴ
MF:長沼洋一、藤田直之、小泉慶、岩崎悠人
MF:本田風智、菊地泰智
FW:宮代大聖
監督:川井健太
契約上出場不可:垣田裕暉

◆ラスト5試合で意地を見せるか【鹿島アントラーズ】

熾烈な3位争いの中、4試合連続で勝利から遠ざかってしまっている鹿島。たらればではあるが、勝ち切れていれば、景色は大きく違った。

そのため、優勝争いからは脱落してしまったが3位は狙える状況。変革をしながらも結果を残すという難しいミッションを岩政大樹監督には乗り越えてもらいたい。

後半戦は12試合を戦いわずかに2勝と足踏み。ただ、これを打破すべく、ケガ人が徐々に戻ってきており、今季は戦力になれていなかった10番・荒木遼太郎も復帰。昨季の新人王が残り少ない試合で何を見せるのか注目だ。

残り5試合は意地の見せ所。変革を掲げたシーズンで、常勝軍弾らしい粘りを見せて上位争いをかき回したい。

★予想スタメン[4-4-2]
GK:クォン・スンテ
DF:広瀬陸斗、関川郁万、三竿健斗、安西幸輝
MF:ディエゴ・ピトゥカ
MF:樋口雄太、荒木遼太郎、和泉竜司
FW:鈴木優磨、アルトゥール・カイキ
監督:岩政大樹