フランクフルトの日本代表MF鎌田大地が、勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。

フランクフルトは17日、ブンデスリーガ第7節でシュツットガルトと対戦。フランクフルトの鎌田は先発出場。長谷部誠も3バックの一角で先発。また、シュツットガルトの日本代表MF遠藤航、DF伊藤洋輝も揃って先発し、ピッチに4人の日本人が立つ試合となった。

この試合の主役は鎌田。開始6分にボックス手前でFKを獲得したフランクフルトは、鎌田が直接狙う。GKフロリアン・ミュラーにセーブされるが、最後はセバスティアン・ローデが詰めて先制する。

試合はフランクフルトリードで折り返すと、55分に魅せる。再びボックス手前でFKを獲得すると、壁の上を越すシュートで直接狙う。これが、壁に僅かに当たってディフレクトするも、抜けたボールがGKの逆を突いてゴール。鎌田は今季早くも4ゴール目に。88分にはCKから鎌田のクロスをクリスティアン・ヤキッチが決めて、1-3で勝利を収めた。

今季4ゴール3アシストと3ゴールに絡んだ鎌田は、試合後にコメントしている。

「勝ったときは、気分が良いです。勝ち点3を持ち帰ることができたのは、重要です」

「立ち上がりは疲れもありましたが、得点を決めてまたフレッシュになりました」

チャンピオンズリーグから中3日という過密なスケジュールながらも結果を残した鎌田。好調のまま日本代表活動に参加する。