リーグ・アン第8節が週末に行われた。

今シーズンのリーグ・アンにはストラスブールのGK川島永嗣に加え、トゥールーズのFWオナイウ阿道、モナコとスタッド・ランスに加入したFW南野拓実、FW伊東純也の3選手が新たに参戦。

今節ではスタッド・ランスvsモナコで短い時間ながらも伊東と南野の日本人対決が実現した。開幕から苦戦が続くホームのランスでは伊東が引き続きスタメン起用となったが、チームは前半半ばにロッコが一発退場となり、いきなり数的不利を背負った。その中で個での局面打開が期待された伊東は右サイドで幾度となく突破するシーンを見せるが、決定機を演出するまでには至らず。

その後、試合はアウェイのモナコが後半立ち上がりにゴロビンのゴールで先制に成功。畳みかけるアウェイチームは、65分にジェウソン・マルティンスと共に南野を投入。加入以降、低調なパフォーマンスを批判され続けてきた日本代表FWだが、この試合ではその批判を払しょくする活躍を披露。1点リードの試合終盤の87分にエンボロからの完璧なスルーパスに抜け出すと、冷静にGKとの一対一を制して待望のリーグ・アン初ゴールを記録。さらに、直後にはベン・イェデルの3点目もアシストし、チームの3-0の勝利に大きく貢献した。一方、伊東はフル出場も悔しい連敗となった。

また、オナイウはリールとのアウェイゲームで1-2のビハインドで迎えた後半の76分から出場。攻撃の活性化を期待されて右サイドに入ったものの、攻撃力を売りとする対面のDFイスマイリに押し込まれる場面が多く攻撃面ではほぼ見せ場を作れず。試合終盤にセットプレーの局面ではフリーでクロスに飛び込む場面もあったが、味方との呼吸が合わずにフィニッシュまで持ち込めなかった。そのため、決定機を逸した前節に続き消化不良の形で試合を終えている。

★川島永嗣[ストラスブール]
9/17
モンペリエ 2-1 ストラスブール
◆負傷の影響でベンチ外

★オナイウ阿道[トゥールーズ]
9/17
リール 2-1 トゥールーズ
◆76分から途中出場

★伊東純也[スタッド・ランス]
9/18
スタッド・ランス 0-3 モナコ
◆先発フル出場

★南野拓実[モナコ]
9/18
スタッド・ランス 0-3 モナコ
◆65分から途中出場し、1ゴール1アシスト