LASKリンツのFW中村敬斗が調子の良さを維持している。

開幕からゴールを量産している中村は、17日に行われたオーストリア・ブンデスリーガ第9節でも先発出場。試合開始早々に先制点をマークした。

LASKは中央から右サイドへ展開して再び中へと、見事なパスワークでボックス右を取ると、トーマス・ゴイギンガーの折り返しに中村。グラウンダーのクロスはやや後方へ流れたが、冷静に収めて左隅へ流し込んだ。

残念ながらその後チームは逆転を許し、1-4で今季初黒星を喫した。

ただ、中村自身は3試合連続となるリーグ戦6ゴール目を記録し、公式戦では9ゴール5アシストと明確な数字を残している。元々の推進力に加え、ゴール前での冷静さやフィニッシュワークも向上。好調を維持しており、日本代表へ推す声も少なくない。