かつて鹿島アントラーズで指揮を執っていたアントニオ・カルロス・ザーゴ氏が、古巣ローマでティフォージから心温まる歓迎を受けた。

2020年1月から2021年4月まで鹿島を指揮したザーゴ氏は、現在ボリビアの名門クラブであるクルブ・ボリバルを指揮。先日から渡欧しており、クラブが傘下に入る『シティ・フットボール・グループ』のフラグシップクラブであるマンチェスター・シティのトレーニング施設を訪問し、フットボールディレクターを務めるチキ・ベギリスタイン氏らとも交流していた。

さらに、同氏は選手、アシスタントコーチとして在籍した古巣ローマを訪問し、ジョゼ・モウリーニョ監督とも交流。18日に行われたセリエA第7節のアタランタ戦では久々にスタディオ・オリンピコを訪れると、クルヴァ・スッド(ホームゴール裏)ではFWフランチェスコ・トッティやFWガブリエル・バティストゥータ、MF中田英寿らと共に2000-01のスクデット獲得に貢献したレジェンドは盛大な歓迎を受けることになった。

現役時代の勇姿を映したハイライト動画と共にスタジアムDJに紹介された元ブラジル代表DFは、かつて慣れ親しんだクルヴァ・スッドに向かうと、ティフォージから惜しみない拍手とチャントが送られた。その心温まる歓迎にザーゴ氏は感極まった様子で何度もティフォージに感謝の意を示した。

また、ザーゴ氏は試合後に自身の公式ツイッターで「忘れられない日曜日。ありがとう、ローマ」と、改めて感謝を伝えている。