マンチェスター・ユナイテッドがベンフィカのU-21ポルトガル代表FWゴンサロ・ラモス(21)の獲得を検討しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。

今夏の移籍市場では2億ポンド(約327億円)以上の巨費を投下して、FWアントニー、MFカゼミロ、DFリサンドロ・マルティネスら即戦力を獲得したユナイテッド。積極補強が功を奏してか、プレミアリーグでは4連勝を収め、現在5位に位置している。

しかし、エリク・テン・ハグ監督はさらなるチームの強化を望んでおり、来年1月のストライカー補強をクラブにリクエストしたとのことだ。今夏に移籍を希望しながら、具体的なオファーが届かず残留となったFWクリスティアーノ・ロナウドの去就が依然として不透明であることに加え、FWマーカス・ラッシュフォードやFWアントニー・マルシャルは負傷に悩まされ、チームは同ポジションの層に問題を抱えている。

そこで、クラブはゴンサロ・ラモスに狙いを定め、すでに代理人とも接触している模様だ。ベンフィカの下部組織出身であるゴンサロ・ラモスは、2020年7月に19歳でファーストチームデビュー。昨シーズンから主力に定着すると、公式戦46試合に出場して8ゴール4アシストの成績を残した。

ベンフィカは同選手に2500万ポンド(約40億8000万円)以上の移籍金を求めているが、来冬にユナイテッドが具体的な動きを見せるかが注目される。